FSX & P3Dv4 Gmaxシーナリー
P3D 導入記

暑すぎるのでエアコンが効いた部屋でダラダラしてます。設定温度は18度。


NISMOショールームのレースカー展示が一気に更新されたので見学に行ってきました。

お目当てはこちら、3台のR32型GT-Rです。

ふと現地で思ったのがこの1台、ヘッドライトレンズこんなにも緑色だったかなと…
そこで昔買った1/18ダイキャストカーを出して確認したらミニカーも完璧な緑でした。
約10年前に買い揃えたミニカー3台がそのまま実車で目の前に。

GT-Rのカスタマイズエンジン展示もバリエーションが増えてました。こちらのRB26DETTはターボ
チャージャーを2基搭載したツインターボエンジン。
エンジン横にターボチャージャー (通称カタツムリ)が2基並んます。
因みにこちらは日産本社ギャラリーで先日撮影したR35現行GT-Rとそのカットモデル。
R35に積まれてるVR38DETTエンジンもツインターボなので上記RB26のイメージから剥き出しの
カタツムリを探したものの見つからず…自分で探すのを諦めショールームレディに伺ったら何と
両側に1基づつ埋め込まれたターボが完全にエンジンと一体化してました。
カットされずタービンブレードが見えない反対側はターボが何処にあるか本当に分かりません。

そして御約束にしてるショールームと愛車のツーショット写真。
余談として前回の訪問時と同様、ニスモのナンバープレートカバーを使いたかったのですが…
この猛暑で見学してる間にプレートが車中で変形しかねないため持っていきませんでした。

その後そのまま日産本社ギャラリーへ。過去と現在の愛車が展示されてるという事で期間中
2度目の訪問です。
前回撮らなかった「やや上空からの」アングルを撮影。
初期型180SXの純正ホイールです。模様の形状から「火の玉」ホイールと呼んでました。

とりあえず今までに載せてない昔撮った愛車の写真で終わります。