2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年

お台場にモータースポーツジャパン2017を観に行ってきました。
前回2016年は開催前日に熊本地震が発生、テレビの地震情報を徹夜で観てしまい体調を崩し行かれなかったので
2年ぶりとなります。当日は今年の最高気温を更新しましたが晴天で風も無く、絶好の見学日和となりました。
1月に出向いた旧車イベント、「NYM2017」の時と同じように潮風公園南側パーキングへ待ち時間ゼロで駐車。

まずは日産ブースへ。レーサーの方のトークショーやタイヤ交換のピット作業実演が観られる貴重な機会なので告知
がある度に会場内から直行してました。
「モータースポーツイベント」と「スカイライン生誕60周年」を兼ねてS54型スカイラインGTがヘリテージレースカーとして展示。
因みにこのスカイラインGTは自分が旧車のレースカーで唯一ダイキャストミニカーを所有してる車です。
こちらの会場で買った座間記念庫の収蔵車一覧誌「日産ヘリテージコレクション」。もちろんスカイラインGTも載ってます。
同じブースで「ハチマルヒーロー」最新号も購入しました。裏表紙にはS13系の広告が記載され、詳しく読んだら180SXの
原型となる240SXが北米からぞくぞく凱旋してるとの事。特に一番右の写真の1990年型240SXはエンジンをKA24DEから
国内の180と同じSR20DETへ換装した特注車。それにしても約30年前の車に200万前後の値段が付くようになったのは
自分の車もいよいよ希少車になってきた証かな。

参考までに新車当時の180SX価格表です。自分の愛車は1994年型タイプXのAT仕様、スーパーハイキャス付なので
車輛本体価格が264万6千円。
追加オプションや諸費用等すべて含めると約300万になり価格帯は今の平均的な国産車と同じ位。後にシルビアを含む
S13系は90年代後半からの「スペシャリティカーブーム終焉」と「ドリフトの本格的流行」が大きく重なった時期に大量の
中古車が出回った結果、下は数十万円から手に入る手軽な後輪駆動車のシンボリック的存在になりました。

話が脱線しましたがモータースポーツジャパンの続きです。その後も各ブースや走行コースで展示車の写真を撮りまくり…

一度駐車場へ戻って会場でいただいたパンフレットや購入した本を車に置いてからヒストリーカー展示のスペースへ。

ここで普段の運動不足を痛感する出来事が。欲しいアングルの為に少しだけ無理な態勢でカメラを構えたら右足の
ふくらはぎが攣ってしまい、回復するまでベンチから動けない状況になりました。(正確には帰りに運転出来なくなると
ヤバいので動くのを自粛しました)

2年ぶりのMSJを充分に堪能、会場を後にして駐車場へ。
愛車の写真を数枚撮影してから帰路に着きました。

先日の日曜日、春に開催が変更されたモータースポーツジャパン2015を観にお台場へ。今回のイベントは今までの
中で一番の大満足、長年の念願が果たせた事により気が抜けた状態で良い意味の脱力状態になりました。


2006年から車関連のイベントに行くようになったあと絶対にもう一度観たいと考えてた日産のコンセプトカー、「MID4-Ⅰ」との再会が今回の
モータースポーツジャパンで遂に実現。実車を観たのは1985年の第26回東京モーターショー以来なので実に30年ぶりです。

シンプルな流線型デザインとリトラクタブルヘッドランプのMID4-Ⅰは約20年所有し続けてる今の愛車を購入するきっかけになった車です。

昨年に続いて展示の"MID4-Ⅱ"とツーショット、という夢のコラボ。
本会場でも様々なイベントを楽しみましたが…実は最初にMID4-Ⅰの所へ行って写真を撮り終えたら何というか「今までの集大成を完結した」
ような感覚になりその時点で「お腹いっぱい」になってしまい、浮足立った状態でその後の会場をまわってたので写真が殆んどありません…
けど何にしても最高の1日でした。

因みにこちらは日産座間事業所 (座間記念庫)の内部映像。上記の日産ギャラリー「S13シルビア」やMSJ写真の「MID4-Ⅱ」はこちらの座間
記念庫所蔵ですが、念願叶って今回観る事ができた「MID4-Ⅰ」は日産の関連会社「高田工業」で保守・管理されています。

ただ6~7年位前のこの動画には「MID4-Ⅱ」の隣に「MID4-Ⅰ」の姿が。以前はここに置かれてたみたいですね。

先頭へ戻る

「モータースポーツジャパン2014」へ行ってきました。

駐車場へ車を止めた後、まずは急遽展示が決まった幻のコンセプトカー、「日産MID4-Ⅱ」の所へ。
昨年も冒頭で撮影した三菱スタリオン、かつての愛車です。
そして80年代のクーペを数台カメラに収めたあと本会場入り。

1月のJCCAクラシックカーフェスティバルと同じく2020年東京オリンピック決定による会場準備の為、お台場での開催が昨年で最後と
聞いた事があったので今年も (お台場で)観れた事が何か嬉しいです。

昨年は開始時間を把握してなくてギリギリになってから全力疾走で観覧場所へ向かったデモ走行も、今回は余裕で堪能。

帰宅前にもう一度「MID4-Ⅱ」の所へ、展示位置が変わったので違ったアングルから再度撮影。丸一日楽しんで来ました。

先頭へ戻る
お台場で開催された「モータースポーツジャパン2013」へ行ってきました。

駐車場から会場入口へ向かう途中の広場に昔自分の愛車だった「三菱スタリオン」のグループA仕様が。
こちらはブリスターフェンダーを装着した後期タイプ。

車に興味ある人には特に著名なレーサーの方や綺麗なレースクイーン(オフで私服なので気づくのに時間かかったり)を
イベントの壇上以外でも普通に場内で見かけて、いい歳しながら芸能人を街で見つけたような興奮状態 (表面上は冷静)。

毎回ちゃんと観れず今年こそはと思ってたレーシングカーの走行デモンストレーションがのんびりしてたら始まる寸前になってて
大慌てしながらビューポイントまで走る事になりましたが…走った甲斐がありました。

帰り際、最初に撮ったスタリオンがライトを点けてたのでもう一度撮影。後の180SXと同じくこの車をかつて愛車に選んだきっかけ
も夜だけ目を覚ますようにボンネットから上昇する「リトラクタブルヘッドライト」でした。

先頭へ戻る
お台場で開催された「モータースポーツジャパン2012」へ出向いてきました。午後から動き出したため満車による閉鎖で駐車場難民に
なりましたが、帰る人が出だして閉鎖が解かれるまで会場に一番近い駐車場周辺をぐるぐる周回し約40分後にめでたく駐車、天気が
良く快適な条件の中まんべんなく会場を巡れて大満足。


先頭へ戻る
お台場で開催された「モータースポーツジャパン2011」の会場風景。降雨が強くなってきたので午後3時頃帰りましたが雨が降らなかったら
現地にもう少し居たかったです。


先頭へ戻る
お台場のモータースポーツジャパンへ去年に続き二度目の訪問。


自分の愛車が日産車なので日産ブースを中心にウロチョロしてましたが…
ちょっとだけトヨタブースへ浮気、年末発売が予定されてるレクサスLF-Aのレース仕様です。
…とか書きながらLF-Aに関しては去年から注目して撮ってたんですね(2009.10.)。デザインに若干変更が。

再び日産ブース、200SX(S12)のラリー仕様です。これの市販車も免許取得当初に欲しかった一台。展示を知らず見つけた瞬間その場で釘付けに。

先頭へ戻る
2009年10月11日、お台場で開催されたイベント「モータースポーツジャパン2009」に初めて出向きました。


会場で1/43サイズのミニカー3台を購入。

先頭へ戻る